ヒトカラ恥ずかしいって思ってる人はこの記事読んでくれ

みなさんこんにちは!なっくです!

皆さん、ヒトカラって行ったことあります?

ん?一人で行くのは恥ずかしい?

そんなことはないですよ!!

どんな人にだって一人になりたいときってあるでしょう。

そんなときにヒトカラはうってつけ!最高のストレス解消になります。

僕はヒトカラによく行きます。しかもフリータイムで8時間くらいみっちり。

そんな僕がヒトカラに興味はあるけど恥ずかしいって方の不安を取り除いてあげましょう。

ヒトカラに対する不安

恥ずかしくないの?

恥ずかしいってのは恐らく店員に一人で来てるってことがバレるのが恥ずかしいということなのでしょうが店員は別にどうとも思っていません。

と言うのも実は僕はカラオケ店でバイトしてたことがあります。

そのときヒトカラに来るお客さんもいましたが、正直どうとも思ってませんでした。

むしろ複数人で来るお客さんよりトラブルが起こる可能性が低いのでラッキーって思ってたほどでした。

確かにヒトカラって客単価は低いですが、人が来ないよりマシですし、第一バイトは別にそこまで考えていません。

それにヒトカラって市民権を得て来たのか結構やってる人多いですよ。元店員が言ってるんだから間違いありません。

恥ずかしいなんて気持ちはその辺の適当なゴミ箱に捨てましょう。

料金は高くない?

最近ヒトカラだと料金を割増にするところも出て来ましたね。

まずもってそんなところには行かないようにしましょう。ヒトカラでも通常料金で入れるところはたくさんあります。ヒトカラに対して割増にする店舗なんてこっちから願い下げです。

さて、通常料金でカラオケに入れたとするとまあ普通に考えて2人、3人で来る時よりも曲数は歌えますよね。

こうなってくるとむしろお得です。というかめちゃめちゃお得ですよ。

カラオケは何をする場ですか?歌を歌う場ですよね。

なら、たくさんの曲を安く歌えるヒトカラはまさに「お得」です。

お金の心配をする必要はありません。

いつ行けばいいの?

基本的には平日昼間に行くべきですね。

カラオケ店が忙しい夜や日曜に行くのは極力避けましょう。

というかその時間帯では料金も割増になってるので店にも自分にもいいことありません。

その辺はマナーだと思っておきましょう。

僕はヒトカラはたまにある平日に行ける日でのみ行ってます。こうすれば店側からすると客の来ない時間にお客が来て、こちらからすれば安く歌える。win-winですね。


さあヒトカラの不安はある程度取り除けたと思います。

では、実際ヒトカラに行ってどう楽しむのか?

次はそれについて、説明していきます。

ヒトカラの楽しみ方

フリータイムのすすめ

まず僕はヒトカラにフリータイムを勧めます。

何故か?フリータイムでは時間を気にせず楽しむことが出来るからです。

フリータイムなんかそんなに歌えねーよ!って思うかもしれません。

ここで思い出して欲しい。ヒトカラは一人でするものです。

要は好きなタイミングで休憩も出来るんですね。

疲れたら寝ころびながらスマホをいじっていてもいいのです(笑)

これがフリータイムじゃないとどうなるでしょう。

お金がもったいないからって思うとずっと歌ってしまうのではないでしょうか?

すると楽しいヒトカラも苦痛になってしまうかもしれませんね。

これじゃあ楽しくない。

これがフリータイムだと余裕を持ってヒトカラを楽しめます。

でもフリータイムだと割高になるんじゃない?と思うかもしれませんがそうでもありませんよ。

僕がいつもヒトカラで行くのはラウンドワンのカラオケなんですが、フリータイムソフトドリンク飲み放題付きで大体700円+ワンオーダーです。

そんなに高くないでしょう?

自分の好きなように歌って好きなように休憩し、満足したら帰る。

フリータイムならそれが出来るのです。

僕は断然ヒトカラにフリータイム、オススメです。

機種はDAMがオススメ

ヒトカラなので自分の好きなように機種を決められますが、僕のオススメはDAMです。

この理由としては採点機能がJOYSOUNDよりDAMの方が優れているからです。

DAMの方が採点は厳しめですが、そのぶん自分の歌のどこがダメだったかがわかるので、参考にしやすいです。

どうせヒトカラするなら歌上手くなりたいですからね!

また、ヒトカラはオーディエンスがいないので同じ曲を何度も歌うことも可能です。

この練習のときにより精密な採点の方が練習には最適ですよね。

DAMの採点機能で歌上手くなっちゃいましょう。

はっちゃけろ!!

これを僕は本当に伝えたい。ヒトカラを楽しむうえで大切なポイントです。

けっこう歌いたい曲の中にノリノリな箇所ってあったりするじゃないですか?

例えばBUMPの天体観測の「オーイェーエェ、アハーン」とかですね(笑)

こういう箇所って実際カラオケ行くと歌うべきか悩みません?「ノリノリやんキモ」とか思われたら悲しいし。

でもヒトカラなら大丈夫!誰も見てません!(笑)

思う存分ノリノリで日ごろの鬱憤をはらすことが出来るのです。

アニソンとかもノリノリ歌えるのがいいですね~ 僕はいつも一人で踊りながら歌ってますよ(変質者)。

どうせヒトカラ行くなら思う存分歌って踊ってはっちゃけましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか!ヒトカラに行きたくなりましたか?

日ごろ回りの目を気にして歌えない曲、引かれないか心配でノリノリで歌えない曲・・・

これらすべてヒトカラなら心配する必要はありません。

お金もそこまでかからないし一人で楽しむ趣味の中ではかなりコスパの良いものだと思います。

是非みなさんヒトカラへ行きましょう!

ここまで読んでいただきありがとうございました!


追記(2020/2/15)ヒトカラ専門店レポート!

それでもやっぱりヒトカラ行くのは恥ずかしい!って方もいると思います。

そんな方はヒトカラ専門店がオススメ!

実際にヒトカラ専門店に行ってみたので、良かったらそちらも参考にしてみてください!

ヒトカラが恥ずかしい人におすすめ!梅田のヒトカラ専門店カラワンに行ってきた!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

なっくのプロフィール

1995年生まれ。理系出身の現職社会人。

早稲田大学院卒業後、東証一部上場の大手メーカーに研究職で就職。

社会人としての仕事をする傍ら、Youtubeやブログ、Twitterなど、様々な媒体で有益な情報の発信を続けています。

これまでの過去の経験を活かしつつ、全ての若者が自分らしく、カッコよく、後悔のない人生を送るための手助けをしていきます!

趣味:野球、音楽、筋トレ、アニメ、副業